シアリスとはウィークエンドピルとも呼ばれるほど、効果の持続時間が長いのが特徴のED治療薬です。通販のまとめ買いでお得に購入することもできますが、それでももっと価格を抑えたい人にはジェネリック医薬品をおすすめします。ED治療は今からでも遅くありません。ゆっくり改善していきましょう。

心配する男性と薬
  • ホーム
  • シアリスの副作用と服用上の注意について

シアリスの副作用と服用上の注意について

落ち込む男性

シアリスは日本では2007年に認可されており、国内では最も新しいED治療薬として知られ、5mg、10mg、20mgの3種類が発売されています。
その最大の特徴は遅効性にあり、20mgのものであれば36時間の持続性があります。
したがって、金曜日に服用すれば月曜日までは、次のシアリスを服用する必要がありませんからウィークエンドピルとも呼ばれています。

シアリスの有効成分はタダラフィルと呼ばれる、ブロック状の分子構造をした物質であり、勃起を阻害する酵素の分泌を阻止し血行を促す作用があります。
分子構造がブロック状であるため、体内に浸透させるためには3時間程度が必要となりますが、高い持続性をもたらすだけでなく、食事の影響をほとんど受けません。
これまでのED治療薬の多くが、空腹時でなければ本来の作用を期待できませんでしたが、シアリスは概ね800kcal未満であれば問題ありません。

また、シアリスの遅効性は副作用が発生しにくいといったメリットももたらせています。
どのような医薬品でも、作用の即効性を求めれば求めるほど、体が過剰に反応して副作用を発生させやすくなりますが、シアリスはその確率が低いことが確認されています。
もちろん、シアリスには血管拡張作用がありますから、頭痛やほてり、動悸・息切れ、鼻詰まり、胃痛といった副作用の症状は確認されていますが、軽微なものが大半で時間の経過とともに解消されます。

ただし、心筋梗塞や不整脈といった持病を持っており現在治療中の方は、シアリスの併用禁忌薬を服用している可能性があり、狭心症など重大な副作用を引き起こしかねませんから、シアリスを併用することはできません。
したがって、例え治療薬を服用していなくとも、何らかの持病がある方は事前に医療機関で診察を受けておくことが賢明です。
なお、シアリスは健康体の方であっても決められた容量を遵守しなければ重大な副作用を発生させるリスクが高くなることは言うまでもありません。

シアリスの併用禁忌薬とは?

シアリスは他のED治療薬とは異なり効果が現れるのが遅い薬で、徐々に身体に浸透していくことで、副作用が出にくいというメリットがあります。
食事の影響を受けにくく空腹時にも服用でき、服用後3時間程度で血中濃度のピークを迎えて勃起力が高まる為、性行為を行う3時間前に服用するのが最適です。
しかし、いくら副作用が出にくいとは言っても、全くないというわけではありません。

シアリスを服用することで比較的出やすい副作用としては、頭痛・ほてり・消化不良等があります。
また、臨床試験では筋肉痛・めまい・鼻づまり・下痢等も確認されています。
稀に起こるものとしては視覚への影響が挙げられ、眼痛や結膜炎等の目に関する症状や、色の区別がつきにくくなる色覚異常を訴えるケースもあります。
ある程度の副作用は仕方が無いといえますが、症状が重い場合やなかなか治まらない場合には病院で医師に診察を受けるようにしましょう。

シアリスは副作用が弱めの薬ですが、健康状態によっては深刻な問題が起きることがあるので注意が必要です。
シアリスの服用ができない人としては、まず血管系の病気を患っている人が挙げられます。
心血管系の病気にかかっている人が服用してしまうと、心筋梗塞や心臓突然死等の非常に重篤な副作用を引き起こす可能性があるのです。
この他にも脳梗塞・心筋梗塞・心不全といった症状の既往歴がある場合や肝臓障害や腎不全を患っている場合には、重篤な副作用が起こる危険性がある為、服用を禁止されたり制限を設けられたりすることになります。

そして、シアリスの併用禁忌薬には硝酸剤や一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン・亜硝酸アミル・硝酸イソソルビド)が指定されています。
併用禁忌薬に指定されている薬とシアリスを同時に服用すると思わぬ重篤な副作用を引き起こす危険性がある為、診察時に薬を持参するか薬名の分かるものを持参して医師に相談するようにしましょう。
特に高血圧を患っている場合には、治療の為に血圧を下げる薬が処方されていることが多いです。

このような薬には併用禁忌薬に指定されているものも存在するので、事前に確認することが重要になります。
そうでない場合でもシアリス自体に血圧を下げる作用があるので、併用することでめまいや立ちくらみが起こることがあります。
そのため、他の医療機関で薬を処方されている人は、事前に医師・薬剤師に相談することが大切です。